ペット用非常持ち出し袋「ペットシェルター」 プロジェクトに弊社NFC迷子札が採用されました

被災動物ゼロを目指したい。
迷子のお守りは「イーザ防災用品」さんのプロジェクトを応援しています。

災害時の被災ペットをなくすために私たち飼い主が「今」できること

昨今の日本では異常気象による豪雨などの自然災害や将来予測されている大地震など、今年に入ってからも豪雨による災害が各地で発生しペットと暮らす飼い主さんにとっても防災の意識がより高まっているのではないでしょうか。

しかし、いざ災害に直面した際にペットと同行避難をするというシミュレーションを実際にどこまでイメージできているのかという事や防災時に見落としがちなポイントなども教えてくれるこのプロジェクト。過去の災害では同行避難ができなかった事でパニックになったペットが自宅から逃走してしまい保健所に保護されたものの迎えがこないため殺処分されてしまうという辛い現実が実際に起こっています。

ペットや私たち飼い主が悲しまないためにも災害時の同行避難の大切さと避難時にどんな備えが必要なのか。私たち飼い主が「今」できることとは?被災者の方々の声と実際に被災経験をされたプロジェクト主催者「イーザ防災用品」さんの想いとかたちが詰まったプロジェクトです。

「イーザ防災用品」さんが提案する厳選された防災グッズ

プロジェクトを主催する「イーザ防災用品」さんが扱う防災用品には実際に避難する際のキャリーバッグと避難所で過ごすために必要なグッズが厳選されています。

中でも目を引く移動用キャリーは重さ500gと軽量な上、バッグ内部を広くする事ができる拡張タイプ。ペットにとってシェルターとなるキャリーバッグは移動時も避難所での滞在中も安心して過ごせる設計になっています。

その他にも被災経験者の意見・アドバイスから避難時に必ず必要なもの10点がセットされ、その中には災害時の迷子対策や避難所で利用できる所有者明示として迷子のお守りShopオリジナルのNFC迷子札「PawBell Egg」もセットされています。

ペットも飼い主さんも悲しませたくない

全国にペットシェルターや同行避難の大切さを広め被災動物を一頭でも多く救いたいという「イーザ防災用品」さん。飼い主さんが悲しまない為にも被災動物ゼロを目指したいという想い。そして何よりも、私たち飼い主が無事であり元気であることの大切さや飼い主さんの防災に対する意識の大切さを教えてくれるプロジェクトです。

そんな「イーザ防災用品」さんの想いとプロジェクトの詳細は「Makuake(マクアケ)」応援プロジェクト詳細ページからご覧いただけます。「イーザ防災用品」さんの想いがペットと暮らす全ての皆様に伝わる事を私たち「迷子のお守り」も願っています。